注目キーワード
  1. 暮らし
  2. ブログ
  3. カメラ

話題のタングルティーザーをレビュー。驚くほど絡まない魔法のブラシは本当だった

SNSや有名人が使っていることでも有名な話題のヘアブラシ「タングルティーザー」

購入してみようか迷っていませんか?

この記事を読むと、タングルティーザーを買うべき人とそうでない人がわかります。

なぜなら、私は実際2年ほど愛用しているのと、良いレビューも悪いレビューもたくさん見てきて傾向がわかったからです。

今回はタングルティーザーの3つの特徴と、どういう髪質の人が買うべきかということをご紹介します。

3分でさくっと読める記事なので、購入前に一度読んでみてください。

 

タングルティーザーを買うべき人

✔︎髪の毛が細くて柔らかい
✔︎髪の毛が絡まってブラッシングできない
✔︎ブラシの使い分けとか面倒なことはしたくない

私はまさにこのタイプです。

理由は後ほどご紹介しますが、「髪の毛が絡まってくしが梳かせない」

「無理やりくしで梳かしたら、切れ毛や抜け毛がすごい」

にはぴったりのヘアブラシです。

 

逆に、髪の毛が太くて剛毛という方には向いていないかもしれません。

私の友人がそのタイプの髪質だったのですが、

「悪くはないけど、良くもない」と言っていました。

レビューをみても、髪の太い人の方が満足度が低い傾向にあります。

 

タングルティーザーとは

タングルティーザー

イギリス生まれのヘアケアブラシで

とかすだけでサラつや髪になることから”魔法のブラシ”と呼ばれています。

キャサリン妃や女優のエマ・ワトソンなど多くの海外セレブたちが愛用していることや

多くの美容雑誌やプロが紹介したことから人気に。

今ではLOFTやプラザなどでも購入することができます。

 

そもそもタングルティーザーはどういう意味かというと、

TANGLE(タングル)は、英語でもつれる、絡み合うと言う意味です。TEZZER(ティーザー)は造語になりますが、英語のTEETH(ティース)歯、くしの歯を意味します。またTEASER(ティザー)羊毛や繊維などを梳きときほぐす機具と言う意味からも由来します。
直訳すると”もつれをときほぐす、くしの歯の機械”と言う名前。

タングルティーザーはヘアブラシですので、
“髪のもつれをほどくヘアブラシ” となります。

タングルティーザージャパンFacebookより(https://www.facebook.com/tangleteezer.jp)

 

 

タングルティーザーの特徴

①特殊な構造と素材で髪に負担をかけない
②濡れた髪にも使える
③髪と同時に頭皮ケアもできる

①特殊な構造と素材で髪に負担をかけない

きれいな髪でいるためには、ダメージをいかに減らすかがかなり重要です。

髪の毛は死んだ細胞であるため、一度ダメージを受けてしまうと自力では修復できないからです。

絡まる髪の毛を無理に梳かしたりするのは髪の毛に相当なダメージが。

その点このタングルティーザー は特許取得の長短二重構造のブラシと柔軟性に優れた素材の

おかげで絡まりやすい髪でも絡まることなく梳かすことができます。

 

実際このブラシを使ってみて驚きました。

今まで髪の毛を梳かすと途中でひっかかりかなりの本数の髪の毛が抜けていたのに

これはそれがない。

ストレスゼロでブラッシングができるようになりました。

 

②濡れた髪にも使える

髪は濡れると水分によってキューティクルが広がり、余計にダメージを受けやすくなるため

髪の毛が濡れた状態でブラッシングをすることはよくないとされています。

しかし、髪へのダメージが少ないこのブラシならお風呂でも安心して使用できます。

 

③髪と同時に頭皮ケアもできる

ブラシの先端が丸く加工されていて、なおかつ、素材が柔軟性があるため

ほどよく頭皮に刺激を与えてくれます。

髪が絡まらないことはもちろん、梳かすだけで頭皮マッサージもできる

という点もポイント。

 

 

まとめ

まとめるとタングルティーザーは、

①髪に負担が少なく、②濡れた髪にも使え、③頭皮ケアもできる

イギリス生まれのヘアケアブラシであり

髪の毛が細くて絡まりやすい人、+α(頭皮マッサージ)が欲しい人

にはおすすめの商品です。

 

ただ、偽物も出回っているみたいなので気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

タングルティーザー
最新情報をチェックしよう!