注目キーワード
  1. 暮らし
  2. ブログ
  3. カメラ

【高校生必見】偏差値45→65に上げた効率の良い勉強法①

勉強効率をあげる=受験に勝つ

大学受験を実際に経験してみて、感じたことは

・要領の良い人が受かる。
・残念ながら勉強法を考えてこなかった人はほとんど落ちる(第一志望でなくなる)
・1年からコツコツ努力した人は受かる。
・遅くとも2年の10月くらいからスタートすれば、地元国公立は間に合う!

 

挙げるとするとこんな感じです!

大袈裟でなくうちの高校では、全体の7割くらいが第一志望に行けませんでした…。

 

そうならないためにも

遅くとも2年の10月から始めることと、効率の良い勉強法の2つが必要になるのです!!

 

勉強効率をあげる=受験に勝つ

これは、単純に僕がこの時期に始めたからです。

当時の僕は、偏差値で言うと

数学  55
英語  35(関係代名詞もわからないくらい,,,。)
国語  40
化学  48
物理  45
政経  40

このくらいでした笑

数学以外ボロボロだったので、2年の10月に僕の成績より高い人は地元国公立以上は狙えます!!

最終的には、センター試験で696点(77.3%) 難化した年だったので偏差値で言うと65くらいまであげました!

 

遅くとも2年の10月に始める理由

みんな知っていることだけど言語化って大事なので説明します。

 

同じ100分の数学の勉強でも

得意な人は50問解けて
苦手な人は1問しか解けない

 

300時間勉強した人でも

同じワークを3回解いた人と
違うワークを3冊解いた人だと定着が違う

 

勉強時間=学力 ではないのです!

勉強時間×勉強効率=学力 なのです!!

 

 

効率の良い勉強法が必要になる理由

効率の良い勉強法(理論)

エビングハウスの忘却曲線をご存知でしょうか?

ざっくり解説すると、覚えたことの7割は翌日になると忘れてしまうが、

同じことを5回良いタイミングで復習すれば、その記憶は約3年保持されるというものです。(本当は節約率ですが、大体あっているので割愛)

 

ようは大切なのは復習!!そして、受験まで保てば良いので、3回の復習がおすすめです!(模試や過去問を解くことで4回目、5回目の復習となります)

 

ただし、完璧に理解して説明できるようになって一回ですよ!

 

人は忘れる生き物である。復習をしよう!

人間の集中力は30分ももちません!

教科を変えてリフレッシュしましょう!!

 

そしてとても残念なお知らせなのですが、

他の教科に変えることは、脳目線でいうと休憩扱いになります。

 

「勉強がんばったから、30分ゲームしよー。」

は通用しないのが、受験勉強です,,,。

 

 

1日全教科勉強しよう!

人は読むだけでは、定着しません。

インプット→アウトプットが大切です!

 

<インプットとは>

・目で見て理解する。
・誰かに教えてもらい理解する。

 

<アウトプットとは>

・問題を解く。
・ひたすらノートに言葉を書く(写経)。
・友達と問題を出し合う。
・誰かに教える/説明する
・赤シートで隠して、答える。(本人の取り組み方次第!)

といったものです!

受験、特に今の実力が足りない場合には”インプットを多めにしてください”

アウトプットは20回くらい行う模試でもできるので若干少なめ。

 

でも、アウトプットしないと定着しないというのは頭に入れておいてください!

 

ただし、センターではなく記述の試験となるとアウトプットの割合が増していき
最終的には1:9くらいになるので注意!

 

インプット8割、アウトプット2割でOK!

多くの参考書を買い込んで、取り組まずに積まれていくのは、受験生あるあるです。

 

信頼できる友人や教師に聞いておすすめの一冊を買いましょう!

 

選ぶポイントは、

・模試の問題を持っていき、その参考書で模試の問題は解けるようになるか。
・薄いか。
・解説は自分に合っているか。
・必要なのは問題集か、解説用(インプット用)の参考書なのか。

こんなところです。

 

特に、暗記系の化学、政経に関しては限りなく薄く良問がまとめてある参考書を買いました。

理由は

何周もできるから。

 

一番よくないのが、続かないことです。オススメは50ページくらいの参考書。本当に推します。

 

よく、ノートをきれいにまとめる人いますよね。世の中探すと、きれいにまとめたノートみたいにしてくれている参考書が売っているんですよ!
しかも、出そうなところを厳選した物が。

ぜひ、探してみてください。

 

1つの参考書を繰り返し解こう!

眠くなったら、寝てOKです!

パワーナップといって、お昼寝した方が効率良く活動できることが科学的に立証されています!!

注意点は2つ!

眠いときは寝よう!ただし、ベッドで眠っては行けない!!

机に座ったまま頭を伏せて寝てください。15〜30分くらい。目覚めた時に起きれば大丈夫です。

ベッドはダメ。あそこで寝て勉強に帰ってきた人を僕はみたことがありません…。

① ベッドで寝ては行けない。

昼寝して起きた後ってめちゃくちゃ頭が冴えているんですよ!

ぜひ、国数英など頭を使う教科を行ってください!!

 

ただし、1秒でもスマホを見るとその無敵モードが消えてしまいます。

社会人になった今でもそう。

 

昼寝後は無敵モード。これ大事。

 

長くなってしまったので、各教科の勉強法や僕の勉強スケジュールなどはまた別の記事にまとめます!

 

それでは、ばいばい!

最新情報をチェックしよう!