注目キーワード
  1. 暮らし
  2. ブログ
  3. カメラ

夏冷えにご注意!だるい、疲れやすいなどの不調を招く冷えの原因と対策とは

悩む人
悩む人
夏でも冷えるって本当?
夏冷えにならないためにはどうしたらいいの?

 

今回はこんな疑問を解決します。

夏になるとどうも調子が良くない、、、

と感じている方は、もしかしたら「夏冷え」が原因かもしれません。

 

冷えは万病のもと

放っておくと様々な不調を招きます。

そこで今回は、夏冷えの原因と対策をご紹介します。

 

冷えを改善して、健康な毎日を過ごしましょう。

「冷え」とは

そもそも、「冷え」とは

体の中(上半身と下半身)で温度差ができてしまった状態

のことを言います。

 

私たちの体温は、上半身が高く、下半身が低くなっています。

上半身には心臓をはじめとした様々な臓器があるのに対し、下半身にはそういった臓器が少なく、血液の巡りが偏ってしまうからです。

体温が最も高い心臓付近と最も低い足先の差は、およそ5℃。

こうした冷え(温度差)によって、血管が縮んで血液の流れが悪くなり、血行不良を起こします。

そして以下のような不調を招きます。

  • 免疫力の低下
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 慢性的なだるさや疲労感
  • 肩こり、腰痛
  • むくみ、肌荒れ
  • 精神面の不調(イライラ、うつ病)
たぬき
たぬき
冷えは百害あって一利なしですね

 

夏に冷える原因

真夏

暑い夏とは一見関係ないような「冷え」。

しかし、近年、夏でも冷えを感じる人が増加しています。

また、体は冷えているのに汗をかいているため、冷えていることに気づかない「隠れ冷え性」の人もいます。

 

夏冷えの原因は主に2つあります。

  1. 冷房の効きすぎ
  2. 冷たい食べ物・飲み物のとりすぎ

 

冷房の効きすぎ

夏に冷える最も大きな要因は冷房の効きすぎ

夏は、外の気温が34℃なのに対して、室内は冷房が効いていて23℃。

こういった温度差が大きい環境を行ったり来たりします。

しかし、人間の体が無理なく対応できる1日の温度変化は7℃前後とされており、それ以上大きくなると自律神経がうまく機能しなくなります。

その結果、体温調整ができず、冷房によって下がった体温を再び上げることができなくなり、夏冷えの状態になってしまいます。

 

冷たいものの取りすぎ

体を内側から冷やす、冷たい飲み物・食べ物の摂取も夏に冷える要因のひとつ。

暑い夏は、ついつい良く冷えた飲み物やアイスが食べたくなりますが、これらは内臓を直接冷やし、夏冷えを招きます。

また、内臓型冷え症は自覚症状が少なく、「隠れ冷え性」とも呼ばれ自分ではなかなか気づきにくいもの。

気付かずにいると、冷えをさらに悪化させてしまう危険性があるので注意しましょう。

たぬき
たぬき
お腹を触ってひんやりしていたら要注意です

 

夏冷えにならないための対策

散歩する少女

まずは、冷房の設定温度を下げすぎない、冷たいものを摂取しすぎないことが大切です。

それ以外にも、一般的な「冷え」対策がこちらです。

  1. 頭寒足熱を意識した服装をする
  2. シャワーだけではなくお風呂に入る
  3. 温かい飲み物・食べ物を積極的にとる
  4. 腹八分目を心がける

 

頭寒足熱を意識する

東洋医学では、「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」が健康の基本だと言われています。

頭部を冷やかにし、足部をあたたかにすること。安眠でき、健康にもよいといわれる。(引用:広辞苑)
頭寒足熱によって、上半身と下半身の体温差を小さくし、冷えをとることができるというわけです。
また体全体の体温が均一になると、老廃物を流しやすくなります。
足元は一年中温める(靴下)
トップスは薄く、ボトムスを厚くする

 

シャワーだけではなくお風呂に入る

夏場はついついシャワーで済ませてしまうことも多いですよね。

でも、お風呂は冷え性対策にはとても効果的なツール

毎日お風呂に入って体の芯から温めましょう。

40℃以下のお湯に半身浴で20〜30分

 

温かい飲み物・食べ物を積極的にとる

体の内側から温めることも大切です。

普段から、温かい飲み物や体を温める効果のある陽性食品をとることを心がけましょう。

特におすすめなのが「白湯」。

体を温めるだけでなく、健康にも美容にも効果的。飲まない理由がありません!

nチャル

  テレビや雑誌でも取り上げられている”白湯”。 気になっている方も多いのではないでしょうか?   そこ […]…

陽性食品(体を温める効果のあるもの)
・生姜、にんにく
・根菜類(ごぼう、人参、大根)
・発酵食品(味噌、納豆、チーズ、ヨーグルト)
・肉、魚、卵
たぬき
たぬき
陽性食品ばかり取ればいいということではありません。何事もバランスが大切です。

 

腹八分目を心がける

満腹になるまで食べると血が胃に集中してしまい血行が悪くなり、冷えやすくなります

そして、体の冷えによって、食欲が狂ってしまし必要以上に食べたくなる。

さらに冷える、、、。

こういった悪循環が生まれてしまいます。

普段の食事でも、よく噛んで腹八分目を心がけましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

夏でも冷えるということがお分かりいただけたと思います。

冷えて体にいいことはありません。

原因と対策をしっかり理解しておきましょう。

 

最後におさらいです。

・冷房の効きすぎ
→人間の体が対応できる1日の温度変化は7℃まで

・冷たいものの取りすぎ
→内臓が冷えて、「隠れ冷え性」になりやすい

・頭寒足熱:トップスは薄く、ボトムスは暑く

・お風呂に入る:40℃以下で20分

・温かい飲み物・食べ物:白湯、陽性食品

・腹八分目:食べ過ぎは悪循環を生む

 

もうすぐ暑い季節がやってきますが、夏冷えを予防して健康的な毎日を送ってください。

キャンドルやブランケット
最新情報をチェックしよう!