注目キーワード
  1. 暮らし
  2. ブログ
  3. カメラ

読むだけでモチベーションが上がる!心に響くジャズ漫画”BLUE GIANT”

 

夢に向かって突き進む様な熱いマンガってないかな〜??

 

そんな人にオススメしたいジャズ漫画、『BLUE GIANT』をご紹介します!
マンガ大賞2016で第3位。2017年、第62回「小学館漫画賞」(一般向け部門)、第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞の名作。

 

ジャズを知らなくてもハマること間違いなし!

 

何か打ち込んでる人、
何かに没頭したいと思っている人、
このマンガを読むだけでめちゃくちゃモチベーションが上がります!
気になってくれた方、一人でも良いので知人にこのマンガを紹介してくれると嬉しいです!

あらすじ

宮城県仙台市に住む高校生・宮本大はまっすぐな性格の持ち主だが、将来なにをしたいのか分からず学生生活を送っていた。ある日聞いたジャズの曲に興味をひかれ、初めてのライブハウスでのジャズ演奏を目の当たりにしたことで、サックスプレーヤーを目指すことを決意。毎日、自己流にサックスを吹き続ける。信じられない量の練習をこなし、我流であるが大の音の特別な何かに周囲の心は動かされる。本格的に教えてくれる師匠もでき、ジャズを馬鹿にしてた周囲の人も大を認めるようになる。0から世界一のジャズプレイヤーを真剣に目指し、高校卒業後、舞台は東京に移っていく。

 

 

 

エッグ
エッグ
大の成長とともに変わっていく周囲の反応には読者の心も動かされます!

BLUE GIANTの魅力

① 苦労している場面や大のリアルな成長が共感できる。

いきなり、サックスを始めたいと言った大に文句を言わずサックスを買ってくれた工場勤めのお兄ちゃん。

 

サックス購入

圧倒的練習量が必要な中でもバイトしながらやりくりしていく姿。

 

こういう、描かなくても良い泥臭い場面もきちんと残すことで、大の境遇をより親身に感じることができるのはBLUE GIANTの魅力の一つです。

 

“BECK”、”ましろの音”とは一風変わった熱さがこの漫画にはあります。

 

 

② 読んでいるだけで音が聞こえてくる。

熱量がすごいです。

 

作画のテクニックもそうですが、

登場人物の表情から、激しいジャズの音楽が伝わります!!!

 

バンドメンバーが揃ってからは、ジャズの音がマンガから伝わってきます!!

バンド演奏

セリフのないシーンが続く回もあるのですが、

見応えは変わらず、熱量はさらに上がる

セリフがなくても全く違和感がないのはさすがの画力です。

 

 

③ モチベーションがすごい上がる!!

毎日、毎日サックスを吹いている大。

壁にぶち当たっても絶対に進むことをやめない大の姿をみていると、

自分も何か始めよう。

そんな気にさせられます。

 

僕も、卒業以来あまりいじってなかったエレキギターをついつい触ってしまいます。笑

 

大に感化された他のメンバーの姿も心に響いてきます!!

ドラムを練習する姿

 

 

物語はドイツミュンヘンへ!

BLUE GIANTは全10巻。

そして、その続編として、”BLUE GIANT  SUPREME”が今(2020年4月27日現在)も連載しています!

”BLUE GIANT  SUPREME”は大がさらなる舞台 ドイツのミュンヘンへ挑戦する物語なのですが、それはのちほど、ぜひご自身の目で読んでください!

今10巻まで出ていて、次の11巻で完結の予定だそうです!!

 

好きな本の新刊ってたまらなく楽しみですよね。

その日は外が違って見えるような幸せな感覚。大好きです。笑

 

ちなみに、僕が一番好きなマンガは ”BLUE GIANT” です。

いかがでしたか?

 

ジャズを全く知らなくても、絶対ハマるジャズ漫画めちゃくちゃオススメです!

 

エッグ
エッグ
僕は今まで200タイトル以上はマンガを読んできましたが、

一番好きなマンガです!!

 

何か夢を持っている方、

もしくは夢を持ちたい方、

泣きたい方、

心にささる話を読みたい方

 

ぜひ、このマンガを読んでください!

 

そして、おもしろいと思ってくれた方、

一人でも多くの人にこのマンガを広めてください!

 

それが、マンガ好きな僕の心からの願いです。

 

▼▼一巻はコチラです▼▼

 

それでは、ばいばい!!

最新情報をチェックしよう!